観光案内に頼るな――【黒花海岸】



与論島から『こんにちは!』



今回紹介するのは
与論島が誇る海岸の1つ――【黒花海岸】です。

これから与論島に来る前に
是非ともご一読ください。



読み方は〝くるぱな〟

与論島の北東方面に広がる海岸、
それが【黒花海岸】です。
島外の人には〝くろはな〟と読めるでしょうが、
島民にとっては方言から〝くるぱな〟と呼んでいます。

与論島には有名な海岸がいくつかありますが、
この黒花海岸は観光パンフレットにはあまり登場せず
すぐ隣に広がる【寺崎海岸】の方が良く目にすることがあるかもしれません。

ですが、与論島の海岸だけあって
その絶景やエメラルドグリーンの海を望める砂浜、
観光客があまり来ないプライベート感は
『さすが!』と言える程の満足度です!

是非とも一度訪れることをお勧めします!

入り口は2ヵ所ある

黒花海岸への入り口は二つありますが、
メインは道路沿いに現れる海岸左側から入るルートです。
主にメイン入口となっているので、
見つけやすい上に観光客の姿を目にすることも
あるかもしれませんね。

右に曲がると入口です。

もしくは、海岸の中央部から入るルートです。
ですがこちらの入り口は少し分かり難く、
人によっては敬遠してしまうかも・・・・。
それの理由は――『墓地』から入るからです。

ですが、背の高い植物がまるでアーチ状のゲートで
出迎えてくれるかのようの〝南国気分〟を味あわせてくれる上、
分かり難い入口なので、黒花海岸をまさしく〝独り占め〟できる
機会を与えてくれる、穴場的入口です。

海岸の全貌はこんな感じ

それほど広くはない海岸ですが、
エメラルドグリーンの海を堪能できます。

小さくても絶景の海岸!

与論島の天気は読み難く、雲の多い日もありますが
それでもエメラルドグリーンの海がキレイなのは
圧巻です!

エメラルドグリーンの海

まるで無限に広がるかのような空も
与論島の海岸にとっては絶景の1つです。

無限の彼方へ!

砂浜から望む海辺には、
すぐ近くに岩石群がありますが、表面は鋭く切れやすいので
あまり近づかないことをお勧めします(マジで)

ですがたまに素潜りをして
魚や蟹、蛸を獲っている人に出会えるかも・・・?

あまり近づかないでね!

またこの海岸は誰にでも開かれている場所ですが
まるで〝プライベートビーチ〟かのような
場所もあるのが特徴です。

風も波も穏やかで天気の良い日なんかは
持ち込んだ椅子にでももたれ掛かり、ゆっくりと景色を楽しめる
贅沢なスポットです。

プライベートビーチ感満載!

最後に一言!

観光客向けにしてはあまり有名ではない海岸ですが
ご覧頂いた写真や動画でも分かるように
与論島の海岸だけあって、小さくても内地では
滅多にお目にかかれないほどのキレイさと絶景を誇ります!

なので観光パンフレットに頼るだけでなく
こちらの【黒花海岸】も是非とも一度訪れることを
強くお勧めしますよ、僕は!

絶景をその目で確かめる価値は、
この海岸にはありますから!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました