与論島には〝三種類の人間〟がいる。



旅んちゅの呟き



与論島には
三種類の人間がいる――そのことについて
お話しようと思います。

あなたは、どのタイプ?



まず聞かれること

与論島に観光や移住でやって来た場合、
必ず人間関係が形成されます。

移住やワーホリなら職場など。
観光ならお店や宿の人達。
必ずこのように話かけてきます。

『あなた〝旅〟の人?』と。

文字だけみると、なんだか文学っちくに聞こえますが、
これが与論島民が相手を見分ける判断材料となる
大事な〝質問〟なんです。

僕も勤め先でよくお客さんから
『あなた〝旅〟の人?』
と聞かれていました。

これは島民による初対面の挨拶みたいなものなので、
これから説明する【あなたのタイプ】で
答えてもらって大丈夫です。

タイプ別で人間関係がギクシャクすることはないので
心配しなくても大丈夫です(笑)!

与論島に住む〝三種類の人間〟

与論島に住む人達は下記のように分かれます。

  ・【島んちゅ】
  ・【ゆんぬんちゅ】
  ・【旅んちゅ】

以上の三種類です。
区別はとても簡単なので、すぐに覚えられます。

【島んちゅ】
  この言葉は一度は聞いたことがあると思います。
  沖縄の人達のことを〝島んちゅ〟と呼びます。
  沖縄方面の言葉では、もっともポピュラーな
  方言ではないでしょうか。

【ゆんぬんちゅ】
  これは与論島民のことを指します。
  ですが気を付けてください。
  この言葉は与論島に住む〝全島民〟を
  指すわけではなく、与論島で〝生まれた〟人だけ
  示す言葉になります。
  生まれた場所が与論島以外で、出産後すぐに与論島へ
  やって来ていたとしても、その人は決して
  〝ゆんぬんちゅ〟ではありません。

【旅んちゅ】
  この言葉は、与論島で生まれたわけではなく
  島外から与論島へやって来た、
  観光客や移住者を指します。
  また与論島民〝ゆんぬんちゅ〟と結婚して島へ
  やって来た人も、こちらに当てはまります。

ね?
簡単だったでしょ!

決して〝差別〟ではありません!

与論島民は三種類に分かれると
お話しましたが、これはなにも島外からやって来た人を
のけ者にしたり村八分にするわけではありません、断じて!

一種の方言みたいなもので
東京でも〝下町っ子〟やら〝江戸っ子〟やら
〝都民〟と分けるでしょ?
あれと同じです。
単なる区分けの言葉でしかありません。

なので
『あなた〝旅〟の人?』と聞かれたら、
沖縄出身者なら『いいえ、〝島んちゅ〟です』
与論・沖縄出身以外なら『いいえ、〝旅んちゅ〟です』
と答えれば良いだけです。

前述しましたが、これは挨拶みたいなもので、
〝ゆんぬんちゅ〟は〝ゆんぬんちゅ〟以外と
結構お話をしてみたいそうです!

なので与論島にやって来ると、かなりの確率で
グイグイと話しかけられる機会が増えるので、
島民の方と仲良くなれるチャンスがそこかしこにあります!

臆することなく自分のタイプを答え、
与論島での生活を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました