ここが与論島の守り神!



与論島から『こんにちは!』



与論島にはいくつか神社があります。
その中でも今回紹介したいのは、
与論島全体を守る〝神社〟についてです。

もしあなたが与論島に滞在、移住する際には
住む地域の氏神様も大事ですが、
こちらの神社を忘れずに参拝することを
お勧めします!



その名も――【琴平神社】!

高台に位置する琴平神社。
ここ与論島の神様――産土様である〝大地主(おおことのぬし)〟を
祀った神社になります。

お城(こちらではグスクと呼ぶ)の中に存在し、
お社のすぐ前には〝城跡〟が今も残っています。

また島内でも人が立ち寄れる中でも
高い場所に位置しているため、与論港までを一望できる
だけでなく天気が良ければ、沖縄の北部である辺戸岬、伊是名島、伊平屋島といった
各島を見下ろせる絶好の視界が広がっています!

境内はこんな感じ

与論島の各所には真っ白な石(多分石灰石)に
距離や場所の名前を記入した物が置かれていて、
まるで美術館のようなオブジェを彷彿とさせます。

それでは鳥居を潜りましょう!

頭上を遮るものがないので
晴れた日の参道は風が気持ちよく、
陽が暖かいので自然と心が落ち着く気がします。
さて長い参道を進むと・・・

右手に緑の敷き詰められた広場が現れます。
よく観光客の方達が晴れた日に腰を降ろし、
足を伸ばしてくつろいでいる姿を見かけます(笑)!

さていよいよ〝大地主〟様の鳥居を潜りましょう!

上記の写真からも分かるように、
奥には櫓を持つ土俵があります。
与論島では島民による【大相撲大会】が行われるだけでなく
島を代表するお祭りもこの場所で催されます。

更に奥には、与論島の開拓と発展に多大な功績を遺した方々の
慰霊碑などが置かれています。

そしていよいよ・・・お社へ。

少し高い場所に位置する鳥居を抜ければ――

ついに【琴平神社】の登場です!
右手奥には社務所があるので、御朱印やお守り・おみくじを
購入できます!

またお社の中に入ることができ、
これまでの与論島の住民生活を記録した
白黒写真が飾られています。
与論島の歴史を感じてみてくださいね。

もちろん琴平神社内の境内は広く、見どころもありますが
やはり一番お勧めしたいのは――この光景ですねっ!

島の南側から西側にかけて一望できる
絶好のビュースポット!
ここもよく観光客の方が風景をバックにポーズを
取っている姿を目撃できます(笑)!

そして城(グスク)跡。

崖っぽくなっているので
あまり身を乗り出さない方が得策です。
(僕は高所恐怖症なのであまり近づけないです)

最後に・・・

神社と言ってもこちらの琴平神社は
神主さんの意向で、島民だけでなく観光客も気軽に立ち寄れて
社交や憩いの場として活用して欲しい
、そんな想いから
いろいろな催しがあります。

是非とも与論島にお越しの際は
琴平神社に挨拶に行ってみてください。
もし運が良ければ、なにか開催されているかもしれませんよ?

移住者も観光客も、
一度は訪れる価値ありです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました